障害福祉サービス・介護サービスの運営でお困りではないですか?
ページTOPボタン
お問い合わせボタン

令和2年8月1日からの雇用保険法の改正について

みなさんこんにちは(^^)/

今回は令和2年8月1日から施行予定の雇用保険法についてご紹介いたします。

失業保険をもらう場合、離職日から遡った2年間に12ヶ月以上の雇用保険被保険者期間が必要です。
この雇用保険被保険者期間の1ヶ月としてカウントされるためには「11日以上出勤」という要件を満たさなければいけません。
つまり、離職日から遡った2年間に11日以上出勤した月が12ヶ月ないと失業保険はもらえない、ということになります。

令和2年8月1日~
この「11日以上」で1ヶ月としてカウントする方法に加え、「80時間以上」勤務したことで1ヶ月としてカウントする方法が加えられます。このことにより、労働時間は長いものの、出勤日数が少ないため失業保険を貰えなかったという事態を免れる可能性があります。

離職票の様式も変更になる予定ですので、今後の情報にご注意ください(^^)/

詳細については当事務所へお問い合わせください!(^-^)